ジュニアの育成

お子さまの入会を検討中の保護者の方へ

子どもに空手を習わせたいとお考えの保護者の方にとって、誰しも「強い子に育てたい」と思うことは当然だと考えています。

 

当会では、空手に必要な要素は「体の強さ」だけでなく「心の強さ」を共に養うことが重要であると考え、子どもたちには、基礎となる礼儀や空手を学ぶ姿勢がまず大事であると教えています。

 

「慣れない環境で子どもだけで大丈夫だろうか?」とお考えになるのも無理はありません。

 

当会では、お子さんだけで入会される場合は、無理のない範囲の稽古から始めます。勇気をもって慣れない環境に一歩踏み出すところから、温かく見守っていきたいと思っています。

 

最初は小さな一歩でも、コツコツと稽古を重ねて心身の成長を促すことができれば、武道の精神を知る思いやりのある大人になってくれることを期待しています。

 

もし、保護者の方も空手を始めたいという場合は、親子で入会して同じクラスで稽古をすることもできます。 

中目黒空手クラブ 指導風景
礼儀を重んじながら、時に厳しく、時に楽しい稽古を行っています

目標を持って空手を習うことを意識(週1回の稽古でも黒帯取得を目指すこともできます)

子どもも習い事や塾に通うことが一般的な時代、大人ももちろん多忙な日々を過ごしていますから、空手の稽古に週何日も通うことはどのような方でも難しいかもしれません。

 

かといって、せっかく始めた空手で中途半端なレベルまでしか到達できないのでは、目標を持つことも、達成することも難しくなります。

 

当会では、「週1回の稽古でも、集中して取り組めば黒帯を取れる」ことを体現できるようにしています。

 

希望者は、松涛館流の昇級(年2回)・昇段(年1回)審査を受けることができます。

 

レベルを示す帯の色は、最初は白からスタートし、黄、オレンジ、緑、紫、茶、黒と昇級するごとに色が変わっていきます。

 

各自のペースで審査を受けられますから、一つひとつ級を上げていくことも、飛び級をねらって一気に黒帯を目指すことも可能です。

 

当会の所属している会派の級段位のほか、日本の最上位に位置する全日本空手道連盟が審査を行う公認級位・段位の取得も目指すことが可能です。

 

これまでにも、小学生で黒帯を取得した会員、シニア世代での黒帯取得者も在籍しています。

 

是非、当会で黒帯取得を目指してください! 

中目黒空手クラブ 黒帯合格
小学生でも黒帯になれます。