会員構成

目黒区や中目黒に在住、在勤の人が中心

現在在籍している会員は約30名ですが、半数以上は目黒区在住です。中目黒、池尻大橋、目黒、祐天寺、代官山、学芸大学、自由が丘エリアから通っています。区外在住の会員は、品川区、渋谷区、世田谷区から通っており、千葉在住者も在籍しています。

 

住んでいる場所は違っても、「目黒区や中目黒に縁がある人が一緒に空手を習う」という共通点は、ほどよい距離感の関係性を構築している要因かもしれません。

 

小学生から大人まで未経験者が大半

ジュニア会員(小学生、中学生)は、時期によって異なりますが15~20人程度が在籍しています。入会時の空手経験は、大半が未経験です。

なお、未就学児であっても相談の上で会員になることができます。

 

一般(高校生以上)の会員は、10~15名程度在籍しており、入会時の空手経験は未経験の方が中心ですが、中には学生時代に黒帯を取得した「リターン空手」の人も数名おります。

 

 

中目黒空手クラブ 会員写真
小学生、中学生から大人まで幅広い年齢の会員がいます

未経験、初心者の入会者が多く、スポーツ経験も問いません。長年、中目黒地域で空手を学ぶクラブとして培ってきたノウハウを活かした指導を行っていますので、空手についての予備知識は必要ありません。

 

親子会員も多数在籍

 

ジュニア会員の場合、子どもだけで通っている人もいますし、親子揃って入会して空手をはじめる人もおり、割合は半数を超えています。

 

子どもだけで会員になっている人、親子で会員になっている人、どちらもいます。小学生以上であればジュニア会員になることができますし、未就学児であっても相談の上でになりますが会員になることができます。

 

学校の異なる子ども達が大半ですが、空手を通じて仲良く一つになって頑張っています。

 

もちろん、大人の方だけでの入会も可能です。

 

 

見学・体験は無料でいつでも受け付けています。お気軽に「問合せ・体験申込」からどうぞ。